雑記ブログは記事数が命!? ロングテールSEOでアクセスを稼ぐ

投稿日:2017年4月24日 更新日:

バズったり炎上したり、トレンド最先端の記事を誰よりも早く公開することが出来なければ、爆発的なアクセスを稼ぐことは出来ません。

ですが、雑記ブログが『最低でも三ヶ月』『100記事公開してからがスタート』などと言われる所以は何処にあるのか?

それを簡単にですが説明していきたいと思います。

スポンサーリンク

バズや炎上、トレンドの先取りで稼げるのはその場だけ

例えば10記事しか公開していないブログがあったとして、そのうち一つがバズるなり炎上なりを起こしたとします。

ですが、それは一過性のものであって延々とアクセスの続くようなものではありません。

その為、これらが起きた月は○万PVだったけど、翌月からは数百PVしか無い……なんてことも十分考えられます。

もっとも、その他の9記事も良質な記事を書いておられた方であれば固定の読者がつくでしょうから、継続したアクセスに全く関係しないとも言えませんけれど。

雑記ブログが狙うのはロングテールSEO

ロングテールSEOとは、検索数の多いビッグワードでアクセスを稼ごうとするのではなく、メインとなる検索ワード+○○で検索をかけた時に出て来るワードで上位表示を狙っていくものです。

例で上げれば「ラーメン」というビッグワードで検索上位に表示することは出来なくとも、「ラーメン 東京 ○○区 おすすめ」などで上位に表示させる手法です。

なぜこの手法が有効なのかというと、ウェブサイトの大半はロングテールキーワードからのアクセス流入数が8割程度あるとされるから。

そのためしっかりとタイトルを吟味して記事を増やしていけば、嫌でもロングテールキーワードからの検索流入が見込めるということです。

雑記ブログで稼げるのか? タイトルと見出しの重要性について考えてみる

お前が稼げてないのに何言ってんだ? と思われそうですが、ブログでそれなりに稼いでいる人が多い現在、ブログで稼げないということはありえないでしょう。 ですので、どうやったら稼げるようになるのか? それを ...

続きを見る

狙い目は検索数の少ないワード

検索数の多いワードはロングテールキーワードを用いても競合がたくさんいます。

とくに「クレジットカード」や「FX」「」などと言ったワードでは、少しタイトルに気をつけた程度では上位表示されることはまずありません

なぜなら、その手のアフィリエイトサイトが雑記ブログが書く記事の内容よりも遥かに濃い内容の記事を掲載しているからです。

グーグルは検索者の役に立つサイトとして内容の濃いサイトを上位表示させるため、競合相手の多いワードでアクセスを稼ぐのは難しいでしょう。

1日5PVしかない記事でも100個あれば500PVになる

検索結果に上位表示されるためには量よりも質が重要ですが、ロングテールキーワードでアクセスを集めるのに必要なのは質よりも量です。

もちろん内容がペラペラでは競合数の少ないワードでも上位表示されることはありませんが、よほどのことがない限り狙って記事を書けば上位表示されるものです。

私のブログであれば『五大元素 魔法』というニッチなワードで検索をかけると1ページ目に表示され、こちらのページには少しですがアクセスがあります。

これを積み重ねるために『三ヶ月』や『100記事』と言われるのであり、投稿した記事全てがバズるようなものを書ける人には関係ない話です。

内部リンクを積み重ねることでアクセスが集まりやすくなる

記事が増えれば増えるほど関連性のあるものが増えていき、その記事を一部をより詳細に説明したものや関連性のある記事に内部リンクを貼っていくことで読者の回遊率が上昇します。

回遊率が上昇して読者が満足してくれればブックマークなどをしてリピーターになってくれる可能性もありますし、Twitterやはてブ、フェイスブックなどで広めてくれる可能性もあります。

ある程度の質をを維持しつつ、関連性のある記事をどんどんと追加していけばロングテールキーワードからでも爆発的なアクセスが集まる可能性もあるでしょう。

ロングテールSEOも大事だけれど、たまにはトレンドも追ってみる

ロングテールSEOでアクセス数を地道に上げていくことは難しいことではありません。

ですが爆発的な一過性のアクセスがあれば、上記でも記載したとおり固定の読者がついてくれる可能性があります。

固定の読者がついてくれればアクセス数はある程度安定しますし、記事を増やすごとにアクセスも伸びていくという好循環に入ることが出来ます。

トレンドを追うときは質よりもスピード

とはいえ、もちろんある程度の質は必要です。必要ですが、肝心なのはスピードです

誰よりも早くトレンドに関する記事を公開できれば、そのアクセスの恩恵を一人で受け取ることが出来るから。

質を上げるのは記事を公開した後からでも遅くはないのです。

追記やリライトの重要性

これは必ずしもそうだと言えるものではありませんが、記事の内容を追記してよりわかりやすくすると検索結果で上位表示されやすくなります。

これはグーグルが良質な記事を上位表示させたいからであり、いつまでも古い情報を掲載しているサイトより『より新しく正しい情報を掲載しているサイト』を上位表示させてきます。

そのため、過去に書いた記事に新しい情報があれば追記をし、誤りが発表されたのであれば修正する。

そういった作業をすることによってロングテールキーワードだけではなく、ビッグワードで上位表示される可能性が生まれます。

 

ロングテールSEOに関しては『ロングテールSEOで検索アクセスを倍増させるための基礎知識と具体策』としてバズ部様が公開しておられますので、詳しくしりたい方はそちらのサイトをご覧になってください。

スポンサーリンク

-副業・副収入
-, , ,

Copyright© ビブリオテーク , 2017 All Rights Reserved.